スポンサーサイト

  • 2009.06.04 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


だからあまり読まない

これから書くことは書くのも憚られるのですが、
その反面で整理しとくのもいいかなって思う。
ただ偶然覗いた人に読まれるのは辛いなー。まぁ恥は掻き捨てってことで。
っていうか昔の恋愛について語ることは非常に格好悪いな。
でも他に書くところがないのでここに書く。
どうかいじめないでいただきたいです。
何気にネタをバラしてますので一応の注意を。

mixiにも書いたのだけれども、『ノルウェイの森』を読み終えた。
鼠三部作以外の村上春樹の作品を読んだのは初めてで、
これまでは意図して避けてきたというのが正直なところ。
その理由は昔の(そしてこれまでで唯一の)彼女だったりするのです。
そもそも私が本を読み始めたのは、恥ずかしながら大学2年のこと。
遠距離の彼女と別れて、鬱屈としていた時期にとにかく時間をやり過ごそうと
とにかく手当たり次第に読み漁り始めた。

最終的に、それはもうひどい別れ方をしてしまったので、
今後彼女に会うことはないだろうし、未練も今では何もない(申し訳ないとは思う)。
しかし感覚的に把握しているのは、彼女ほど私と「合う」人には
もう一生会わないだろうということ。
それを理由にふさぎ込んだり、捨て鉢になる気はないけど。
(だいたい、世の中に女性は30億人はいるのだ。なんとかなるだろう)
それくらい合っていたと思うし、ずっと上手くいくと思ってたわけだ。
人前では必要以上にしっかり振る舞うのに、
実際はどうしようもなく弱くて、適切な言葉が見つからないからこう言うけど、
手間のかかる人だった。そのように弱っているときには様々なことを話しながら、
話を聞き、落ち着かせる。それを彼女が安心するまでくり返す。彼女が落ち着けばOK。
誇張じゃなくて本当にそんなことが何度もあった。
そんな彼女のことは本当に好きだったし、私が不満に思ったこともなかった。
むしろそれでいいと思っていた。今もそれは間違ってはいなかったとは思う。

そんなかつての自分の経験が『1973年のピンボール』を読んでいて急に浮かんできて、
まだ別れたことを消化し切れていなかったせいで、
本当に吐き気を催し数日気分が優れなかったことがあって、
それ以来思い返すことがたまらなく嫌だから避けてきたわけだ。
残念ながら、その恋愛は消化した今もあまり思い返したくないものとして頭の中に。

どうしてこんなことを書こうと思ったのかっていうと、
『ノルウェイの森』の直子がその彼女とだぶったから。
情緒不安定になる直子と、それを落ち着かせようとする「僕」の関係が
上に書いた彼女との関係に非常に似ていて、不意に思い出してしまった。
誠実であろうとすることが結果的に直子を追いつめてしまうこと。
結局直子は「僕」との関係を断絶するが、
そのために作中では自殺という手法が採られたわけで、
現実では別れた後も人生は続くのだ(それは限りなく当然に近いものとして)。

小説の中で、「僕」は直子を支えられるのは自分だけだと考えていた。
でも現実では「僕」の役割は代替が可能であって、
きっと直子にもそれはわかっていただろうと思う。
しかし「誰の人生の邪魔もしたくない」と言うことでの自殺。
じゃあ自殺しなかったらどうなるか?
「僕」の支えがいらないものとなっても、
結局は誰かに支えてもらいたい。ということで違う誰かのもとへ。
じゃあ信じて待っていて残された「僕」はどうなるか?
それは勝手に待っていた「僕」の問題だとも言えるんだけど、
でもそれではあまりにも「僕」が救われないだろう。
だから「僕」はいろいろなものを捨てなくてはいけなくなる。
ってことで私は「僕」、直子どちらの気持ちもわかるけれども、
直子にはあまり共感できなかったな。
私が直子の立場だったら似たような選択をするんだろうけど。

時間が過ぎていくということは良くも悪くも意味のあることで、
傷は残っても痛みは薄れていくんだな、きっと。
いつまでも倒れたままでいられないので、無理にでも立ち上がり、
また進んで行かなくてはいけない。時間は進んでいくのだから。
その傷を隠したり、痛みを忘れるためにいろいろなことを忘れるのでしょう。
ってことで私もそんなには動揺せずに読めるだけの時間は経ったみたいだ。
そして忘れたいろいろなものを取り戻そうとしているところ。
偶然に思えるこの本を読んだタイミングっていうのも、
何かしら意味があることなのだろうなと思う。

今日母親が(以前にも聞いたことがある)恋愛についての話をしてきた。
彼女曰く、人は性癖として、どんなに嫌でも以前付き合っていた人と
似たような人を恋人にしてしまうらしい。
これは「そういう星の下に生まれた」って言葉で言い換えられると思う。
そして強ち間違ってもいないと思う。
そう考えると、私は恋愛というものにかなり億劫になる。
慎重になりすぎる、と言うとキレイなんだけどね。

結局何が言いたい文章なんだろうか?
とりあえず、この文章の中に嘘はないはず。主観は大いに混じっているが。

「何故勉強するんですか?」「社会貢献のためです」

かつて「何のために勉強してるのかわかんない」って言う子供に対して
えらいえらいコメンテーターさんがこのようにお怒りになりながら言いました。
それを見ていた当時小学生の私はなるほどなーと思いながら、
自由研究の課題としてカツ丼を工作していました。

あれから10年以上経った今、仕事も決めず、学校も休み悶々としてるわけよ。
前述の言葉はけっこう自分の中で納得してるわけです。
何らかの形で社会にフィードバックできるものはあるんだろうかってな。
そんなことを考えながら企業説明会に参加。
まったく興味のない会社だったけれどもそこで人事の人が言っていた志望動機。

「勉強してきたことを否定したくはなかった」だって。

んー。確かになぁと思いつつ自分がしてきた「勉強」を考える。
はっきり言うと、教員になるということだけを考えて入学したのだ。
それ以外の可能性はまったく考慮していなかった。
だからこそ真剣に東京に出たかったってこともあるんだけれども。
それは結局果たせず。そこが意外なターニングポイントなのかもね。
そんな中で自分が得たものなんてどれくらいあったんだろう?
って自問してみるとそんなに多くなかったりするんですよね。

何かレールが曲がっていくことに楽しみを覚えて、
どんどん曲がってたら一周してきて前に進んでねぇ!みたいな。
偏屈なボキャブラリーばかりが増えてしまったような。
代替ができそうにもない人たちとの出会いぐらいが収穫。
それだってあれだけいてほんの数人なのね。
これは欲張りすぎってだけなのかもしれないけど。

話が逸れた。さっきの人事の人の言葉に則ってみれば、
「無駄を楽しむ余裕を否定しない」ってことになるのか、私の場合。
それができるところって一般のキギョウさんなのか?
ってことを考えると泥沼に沈んでいくような感覚。
一度経験しているからわかってしまうんだけど、
根本的なところでミスマッチしてるんだよなー。
何とかしないといけないとはわかってるんですが、
それだけじゃねぇだろう、とも思うわけで。。

考えるだけ考えて足が動かなかったっていう昨年の反省は踏まえつつ。
この答えが出る気配のない問いを抱えながら動く。
とりあえずもっと広い世界を見たいなーとは思ってるのだ。
この充足から来る停滞した現状は、絶対に出て行ってやろう。

ここ4年でいちばんの熱意を伝えた日

今日は中学校の同窓会があった。
って言っても私は本当に友人が少ないので、欠席の方向で話を進めていたのだ。
しかし前日になってふと考えた。
明日同窓生が飲んでいる中、自分ひとりが家で過ごすのも、
うら寂しいものではないかと。
そこで小学校からの友人にメール。

「明日行くの?」いや、絶対に行かない。
なぜなら彼女もまた友人がいないから。
返信。

「まさかー 行くの?」
また返す。

「行くわけねーじゃん だから飲もう」
ってことで飲むことにした。裏同窓会である。

この友人、小学校からの同級生でありながらちゃんと仲良くなったのは
高校に入ってから。しかしながら話が合うのである。
何せ誕生日、血液型まで一緒。
獅子座、ペガサスという自由人ぶりに加え
きっとA型の頑固さ、律儀さが悪い方向に働き(失礼)、
自分のやりたくないことやりたかない成人が2人。
たぶん2人でいると友人は必要ないぐらいのシンクロぶり。
何をどのように考えているのかを把握しきれる。
だからこそ表に出さない何かがあることもわかるんだけど(たぶん)。

そんなシンクロ率100%な2人をさらに上げるもう1人。
中学からの友人M。
毎日会うような友人ではないが節目節目では常に一緒。
自由人を上手いこと繋ぎ止めるいいA型。
しかし極度の出不精。自由人はそんなことお構いなしに誘いまくる。

「気が向いたら行くわー」
あ、向いてない。しかしここはごり押し。
ここまで誰かを振り向かそうとしたのは、少なくとも大学に入ってからは初めて。
3度の電話。4度のメール。
ついに彼を呼ぶことに成功。
2人で1時間半ほど飲んでいたころに到着。
ここから話は本格的に中学時代へ。

誰がいたのか?どんなことをしていたのか?
本当に話は留まることを知らず、3時間半話し続ける。
ここで閉店。その後思い出せない同級生の顔を思い出すために
私の家に寄り卒業アルバムを開く。
ひとりひとりの顔、思い出を記憶の彼方から掘り起こす。
ここでも尽きない話題。ようやく一段落したときに時刻は午前4時。
そして解散。

同窓会に参加するよりも絶対に楽しかったと思う。
それぞれ友人が少ないということも間違いなく理由の一つだが、
この2人との関係というものは、それこそ中学校なんていう
ひどく狭い地域コミュニティの中でよく巡り会えたものだと感じる。
同じ時期を共にしたから、というレベルではなく、
もっと根源的なところで共感できる不思議。
そんな他人と出会えたことは、決して楽しかったわけでもない中学時代が
私に残した最高の財産だと思う。
こうして3人が会うことも恐らくは暫くないだろう。
だからこそ、この刹那は色あせない。
全員が嫌がるだろうけど写真とっとけば良かったなー。

やっぱりブログのが落ち着く

mixiの日記にいろいろ書くのもいいんだけれども、
何となく落ち着かない。
何なんだろうか、特定の知人に見られることが
不特定の他人に見られる可能性よりも不安だっていうことは。

年末の話。
昨日は高校のクラス会的なもの。
3年ぶりぐらいに帰ってきた友達の誘いなので二つ返事で参加。
男2女4。まぁ文系だし。。
たださ、女性側が全員最近の恋愛事情を嬉々として話しているのを聞いて、
幸せにアテられるっていうきつい時間になってしまった。
タバコと酒とでなんとか紛らわす。
22という年齢は、10代のうちから社会に出ていれば
結婚を考えるに充分な年齢らしい。
いや、学生にしても卒業し社会人になる人もいるか。
結婚に向けての貯蓄を始めたなんて聞くと
自分の身の振り方なんかもすこしは考える。

結婚願望どころか恋愛感情すらあったっけか?なんて考えてしまう。
それは自分としてはまぁいいかなぁとも思うんだけれども、
それによって得ておくべきものを得ていないのかもしれない。
年相応の成熟を重ねていないのかもしれない(これは別にいいけど)。
他人を批判する目的で言うわけではないけれども、
そういう普通の道を普通に歩いていけることはとても幸せだなぁと思う。
どの道を歩くかなんて自分で決めることだし、
自分が決めたことだから後悔もしないつもり。。
って言うと強がりではあるなぁとは考えた。
結局ガキのままじゃないかと。なんなんだ。
何か違うな、後ろめたさがあるからこんなことも思うんだろう。
押し隠してもプラスはないはずなんだけど。
この辺は早いうちにややこしい恋愛をするからだ、と思わなくもない。
どうでもいいけど。

そんなところからこっちにしか書かない今年の総括。

たぶん精神的に多少の成長はあったと思うのだけれども、
現状には何の変化もなかったわけである。
そしてひとつ年を取り、肉体的には自覚はなくとも多少衰え、
周りは大学を出て行く人もちらほら。
自分の時間は止まっているからいいけれども、
他者との時間は自分の都合で止まらない。
そこがいちばん困るところだな。
そう考えると生き急がないと!ってなってくるわけだ。

来年はちょっと生き急ごう。時間がない。
日常に入り込む感覚での「時間がない」。
借りっぱなしのものや、やり残したことをバタバタと2008年に押し込めながら、
2007年を終わらせる。

腰かけ

個人的にはmixiよりもプライベートなことを書いてるつもりのこのブログ。
ただかなりの期間ほったらかしだったので誰が見てるか知らないこのブログ。
ただ、本当に大切なことはこっちで書こうという取り決めをした気もする。
だからここのURLを知ってる知人は自分の中でも特に大切な人だけ。
・・・のはずだったんだけど覚えてないんですよ。
だからJUGEMのトップから見に来る人のことは考えてないし、
そんなん気にしてる人はアフィで食っていこうとしてる人だけなのかも。

話題がそれた。
本日内定を頂きました。
本来の志望とはまったくジャンルの違う会社で、
自分でもどうしてここに行き着いたのかは思い出せない会社。
ただ、選考の中で会社の雰囲気とかはけっこう印象が良くて、
そこに魅かれていることは間違いない。

たださぁ、それって「私に優しくしてくれるから・・・」
っていって傍目にはしょうもない男と付き合ってる女性みたいで
言いようのない違和感があることもまた事実。

んーこのままそこではたらくことも厭わないわけですが、
ドラマとかだとここでもう一人、っつーか主人公が現れるわけだ。
おれにも来るんだろうか。来ないだろうな。
まーとりあえず食いっぱぐれることはなくなった。
本当に気になる会社のことだけは追っかけてみよう。と、思う。

ってことで来年からも食えてはいけそうです。
もうちょっとだけ就活は続きますが、連絡までに。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM