<< そこ、底なしの底 | main | なんかよくわからんが >>

スポンサーサイト

  • 2009.06.04 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


NAI

昨日から姉が彼氏を連れて帰ってきている。
社会人1年生、銀行勤めのその彼氏さんに
「就職とかどうするの?」と聞かれ
自分の希望する職種のみ言うと
「金にはならないだろうねぇ」と言われた。

高校の友人と酒を飲んでて仕事の話になったとき。
「おまえは収入少なそうだなぁ」と言われて
腹が立つ前に納得してしまう自分。
確かに周りのやつのが金を持ってる画が浮かんだのでした。


かつて。私にも「何に替えても守りたいもの」があったこともあった。
はたから見ればそれは何もわかってない高校生が
勝手に息巻いてるものだっただろうし実際そうだったとも思うけど。
真偽はどうであれ説得力は何もないよな。
まぁそんなものも結局守ることもできず結局放棄してしまったわけで。
ちょうどそのくらいだったと思うんだけど、
それまで自分が志してきた将来に疑問を抱きだした。
その将来は安定性の強い道だと思う。
そして楽じゃないけど楽しい道だとは今も思う。
だけど自分のエゴに正直にいきたいと考えたとき、
その道に進むことに魅力はあまり感じなくなってしまった。

今の自分に持たせたいものは「何も守るもののない強さ」。
かっこいいものではないけれども、強いものだとは思う。
卑屈にならないで、正直に、これを持っていたいかなー。
そう考えると進む道も見つかったような感じ。
その道に進むために犠牲にするものも多そうだけど、
今持ってないものを犠牲にすることにはそんなに痛みはないかな。
ここ半年ぐらいはそんな気分。

スポンサーサイト

  • 2009.06.04 Thursday
  • -
  • 10:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM