<< 運について | main | I fought... >>

スポンサーサイト

  • 2009.06.04 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


rebel rebel

大学にてAINU REBELSのリーダー、中井美直さんの講演会があったので行ってきた。

AINU REBELSとは首都圏在住のアイヌの若い人によるパフォーマンス集団。
アイヌ・レブルスって読む。
去年の秋に偶然ニュースで見て、1月にETV特集に取り上げられていた。
アイヌ文化に現代的な要素を取り入れて、広めていこうという活動を行っている。

北海道にいながらアイヌについて全く知らない、っていうのもどうなのかと思い、
足が伸ばせるんなら伸ばそうとはしているのだ。
講演内容は中井さんの生い立ち、グループ結成の経緯について。
まだ夜は冷える屋外だったため、簡潔に、手短に。
その話の中で印象に残ったのは2点。

まず、幼少時の差別について。
中井さんはアイヌ人口が道内でも多い帯広出身で、
小さな頃から差別を受けてきたそうだ。
学童保育の中で世話をしていた人がゴミ袋を裂いて作った、
いわゆる「ポンポン」を頭に乗せ、中井さんを他の世話をしていた人に
「あそこにアイヌがいるよと伝えてきて」と言わせた話が例に出ていた。
もちろんそこに憤りも感じるんだけど、気になったのは別の点。
僕は幼少期を富良野で育った。10歳からは千歳だ。
その中でアイヌ差別について教育を受けたことがない。
せいぜい小学校の修学旅行で白老に行ったぐらいだ。
また、アイヌが同級生にいるとも聞いたことがない(隠していたのかもしれないが)。
差別の存在すら実感したことがなかった。
同じ北海道の中でも地域差があるのだなぁと。

もう一つはAINU REBELSについて話していたこと。
文化は壁を簡単に越えられる、といったことを話していた(はず)。
そうなんだよね、と頷いた。
これと対比的に印象に残ってるんだけど、
後半の質疑応答の中で中井さんに代わって会場から話をした、
北海道ウタリ協会の人の話。
「アイヌには文字がなく、伝承が難しくなってきていないか」という質問に、
その人が「文字や数字なんて税金を取るためのものなんだ」と答えてたこととか、
最後にもう一度出てきて「この大学ももともとは我々アイヌの物であり・・・」とか、
そういったことを聞いていて感じたこと。
たしかに僕には到底わからないような辛いこともあっただろうし、
あなたがそう言いたくなることも理解はできる。
しかし正直そういったことは「しゃらくせぇ」のだ。
政治的なことを訴えられても僕は(たぶん「一般的には」)引いてしまう。
そこに差別とまではいかなくても、必要以上の区別の意識が生まれてしまうのだと思う。
しかし文化は違う。アイヌの伝統音楽にダンスミュージックを取り込み、
ラップに乗せてメッセージを伝えるAINU REBELS。
老人方からはろくに伝承もせずに…などと言われることもあるらしいが、
文化からのアプローチっていうのは、文化を広めるという目的の中では正しいと思う。
その活動の行方は暫く注目しておきたい。

最後に中井さんは自分のルーツを皆さんも考えてみて欲しいと言っていた。
僕のルーツ。父が沖縄、母が北海道。世が世ならハーフである。
かといって差別されたってことはないし、違いを感じたこともない。
アイデンティティってほどのものでもない。
たまたまそうだったわけで、だったら楽しめばいいんじゃないかって思う。
スキーとスケートができる、とか。沖縄料理がちょっと作れる、とか。
まぁこれらとは程度が違うんだけど、たぶん中井さんも第一にやろうとしていることは、
そんなことが出発点なんじゃないだろうか。
「せっかくなんだから誇りにする」。いいマインドだと思う。

ムックリの音色ってテクノっぽいよな。

本日講演した中井さんのホームページ
http://www.ainupride.com/

AINU REBELS
http://www.ainurebels.com/

AINU REBELSのライブの様子

スポンサーサイト

  • 2009.06.04 Thursday
  • -
  • 00:34
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
めちゃめちゃ久しぶりに覗いてみた。
「わたしは差別されたことない」っていうのは、非常に羨ましくって、ひがんじゃって、腹ただしいけど、

確かにアイヌの中には、「北海道から和人は出てけ」とか「日本は元々アイヌのものだったんだ」っていう人もいる。

でも政治的な発言と文化を切り離す必要はないと思うし、政治的な主張があるミュージシャンもたくさんいるでしょう。中川さんとかさ。ボノはただの人気集めな気がするが。

たまちゃんが言いたいことを汲み取ってないのは百も承知だから、次回お会いする日を楽しみにしております。
  • elhi
  • 2008/06/05 10:54 PM
んー、当事者の意識の欠如だけかもしれないけど。ルーツに依る差別はないと思うな。むしろ他のところに原因があったっていうか。たぶん思われてるよりはいろいろあんのよ。

言葉足らずな点は多々あるんだよなぁ。もっとちゃんと伝えたいね。福田さんとかがいうよりもそれこそ中川敬が一曲歌う方が伝わるものが多かったりとか、そういう話なんだと思うんだ。まぁボノはなぁ、U2のセカンドアルバムは『WAR』なんでw

こちらもお会いする日を楽しみにしてます。スーツは似合うようになったんだろうか。
  • tama
  • 2008/06/10 3:05 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM